赤ら顔を治す方法|私はこうやって赤ら顔を治した!体験談

【28歳女性】
北国で生まれ育ったこともあり、幼いころから「肌が白いね」と言われて育ってきました。

夏場なんかは周りが真っ黒になる中、自分は外で遊んでも部活動をしてもちょっと赤くなるだけで翌日には元通り。そんな自分の肌が自慢でもありました。

しかし、高校生になったころから室内と屋外で温度差がある日は特に、鼻を中心に頬のあたりまで真っ赤。ひどいときは顔を温めても1~2時間も元に戻らないようになりました。

そのころから、ポツポツと思春期ニキビができるようになったのですが白い肌に赤いニキビというのが特に目立って早く治すために爪や針でつぶすようになりました。

そんなことを繰り返すうちに、寒さで赤くなっているのか、ニキビで赤くなっているのかわからない状態が続くようになりました。

治したい一心で、毎日の洗顔はゴシゴシこするようになり、さらに頻繁に自宅でピーリング剤を使うようになりました。

一時は改善したことはあったものの、肌自体が弱ったのか高校を卒業するころには常に鼻から頬のあたりが真っ赤な状態が普通になりました。

大学生になってからは化粧を覚えてうまく隠せるようになったものの、やはり肌にはよくないことでしたので、すっぴんでは外に出られないくらい真っ赤な状態。

さすがにこのままだと、将来ボロボロの肌になってしまうと思いインターネットの記事で「赤い顔 改善」「顔の赤み 原因」など、思いつくワードをたくさん入れて調べるようになりました。

調べて分かったことは、まず元々色白のため目立ちやすいこと。

寒さで赤くなるのは血行が良くないこと。洗顔のコツは、こすりすぎず、洗いすぎず、かつ化粧はしっかり落とすこと。そして保湿です。

夜は洗顔クリームでしっかり化粧を落とし、朝はぬるま湯だけで顔をこすらないように注意して洗顔するように気を付けました。

また、お風呂はシャワーではなくお湯をためて、湯船につかっているうちは、頬から首にかけてリンパマッサージをするのを習慣にしました。

そのころから規則正しい生活をしようと思い、食事や睡眠時間にも気を付けるようになりました。

なかなかニキビができなくなるまでには時間がかかりましたが、1~2か月ほどで、冷えによる赤みはだいぶ落ち着くようになりました。

社会人になってからは、忙しさもあり自分の肌の変化にあまり気を配ることはなくなっていたのですが、洗顔の方法などは習慣になっていたためか、27歳になった今、数か月に1回目立たないニキビができる程度で赤ら顔が気になることはなくなりました。

すっぴんで外に出歩けるようにもなりました。

元々の体質というのもあったのかもしれませんが、冷えと生活習慣に気を付けたことが良くなった大きな要因だと思います。

今後も油断せず、継続することを心がけようと思います。
【33歳男性】
僕が自分の肌の異変に気が付いたのは、高校2年生の時でした。

その年の秋、突然自分の顔がまるでリンゴのように真っ赤に染まってしまったのです。

これまで、特に肌に不調を抱えたことのなったので最初は特に気にせず放置していたのですが、いくら経っても回復しませんでした。

長引くことで友人たちに指摘される機会も増えストレスも感じ始めていました。

そこで、業を煮やしてインターネットで調べたところ、自分の症状がいわゆる赤ら顔というものに該当することを知りました。

こういった問題を扱うサイトなどによると、美容皮膚科などでレーザー治療などを受ければ大きな改善が見込めるといった解説を目にしました。

ですが、そんなことに使えるお金は当時持ち合わせていません。

親に頼むことも考えましたが、恐らくは却下されるだろうと思い結局相談しませんでした。

かわりに始めたのが肌のケアの徹底と血行促進のためのストレッチです。

なぜストレッチを始めたのかというと、なんでも赤ら顔というのは血行不良が関係しているケースもあるらしく、その点自分は運動不足の極みのような人間だったからです。

かといって、いきなりスポーツをとなると挫折するのは目に見えていたので、その辺のバランスを考えストレッチを始めることにしたワケです。

ストレッチの内容については基本的に毎日、手の「グーパー運動」を行っていました。あとは少しでも効果があればと、そのようなストレッチにあわせて血行を良くすると言われている半身浴を心掛けていました。

肌のケアについては、特に変わった薬品などは使いませんでした。

市販されている化粧水や乳液を風呂上りや朝の登校前に欠かさずつけるようにした程度です。

ただ今までスキンケアをしたことがなかった自分としては毎日つけるというのは結構手間でした。

このどちらか、あるいは両方が効いたのか季節が春に差し掛かるころには僕の赤ら顔はかなり改善していました。

今でもストレッチとスキンケアは念のために続けていますが、赤ら顔自体はあれ以降出ていません。

赤ら顔を治す方法を見る

赤ら顔を治す方法|私はこうやって赤ら顔を治した!体験談