トップ

松野町概要

matuno-tyoutyou.jpg

町長挨拶

松野町長 阪本 壽明

わたしたちのまち「松野町」は、豊かな自然環境を拝啓とした観光資源や、人情味あふれる温かな土地柄に恵まれた愛媛県下で一番小さなまちです。

「森の国まつの」として個性あるまちづくりを進めてきました。

地方分権、地域主権改革の時代となり、特に住民の皆様に一番近い基礎自治体では、その果たすべき役割と責任が一層拡大するなど、町を取り巻く環境は大きく変化しています。

さまざまな地域課題もありますが、「森の国まつの」の輝ける未来づくりを進めていくためには、これまで以上に地域の皆様のご理解とご協力をいただき、共にまちづくりを進めていくための体制づくりが重要となります。

子たちが「松野に生まれて良かった。」と思える、誇りと愛着のもてるまちづくりのため、「協働」「福祉」「再生」「教育」をキーワードとして、みんなで新たな歴史を創造していきましょう。

 

matuno-map.jpg

 

松野町の歴史

 

江戸時代の伊予八藩は、慶長19年(1614)に伊達秀宗が宇和島藩主となったのを嚆矢とし、 寛文10年(1670)に至る50余年間に、宇和島・大洲・新谷・松山・今治・小松・吉田・西条の八藩が成立し、明治維新まで封建制の藩政が行われた。

 


藩政時代の松野町は、宇和島藩と吉田藩にわかれていた。
当時の宇和島藩領5ヶ村 … 松丸村,延野々村,豊岡村,富岡村,上家地村
吉田藩領4ヶ村 … 吉野村,蕨生村,奥野川村,目黒村

 


明治 4年(1871) 廃藩置県により、9ヶ村が統合され、宇和島県となった。
当時の宇和島県 … 宇和島,吉田,大洲,新谷,宇和,喜多,浮穴,久米4郡
明治 5年(1872) 宇和島県が、神山県と改称された。
明治 6年(1873) 神山県と石鉄県が統合され、第1次の「愛媛県」が発足した。
明治22年(1889) 「市町村制」実施により、明治村と吉野生村が発足した。

当時の明治村の構成 … 松丸,延野々,豊岡,富岡,上家地,目黒の6部落
吉野生村の構成 … 吉野,蕨生,奥野川の3部落
昭和15年(1940) 明治村は、人口増加により、町名を松丸町と定めた。
昭和30年(1955) 松丸町と吉野生村が合併を行い、数多くの新町名候補の内
松丸町の「松」と吉野生村の「野」をとって「松野町」が発足した。

 

新着情報

  • 第3回ぽっぽ音楽祭

    第3回ぽっぽ音楽祭が下記日程で開催されます。今年もレーモンド松屋ライブを開催します。 同時
    ---投稿日:14年09月12日
  • てまひままつの 軽トラ市開催

    JR松丸駅前通りで月に一度軽トラ市が開催されています。 松野町の「美味しい」が集結。 採れ
    ---投稿日:14年09月12日
  • 2RIVER VIEW(四万十南予横断)

    下記日程で「2RIVER VIEW(四万十南予横断)」が開催されます。 日時 平成26年9月1
    ---投稿日:14年09月02日
  • ゆかたまつり2014

     下記のとおり今年も「ゆかたまつり2014」が開催されます。 ビアガーデンに軒先グルメ、夕
    ---投稿日:14年07月10日

メニュー

リンク